筋肉と関節のアプローチを!

「動きやすい」「回復しやすい」 からだを実現・維持し、生活の質をよりよくしていくには、筋肉関節両方にアプローチしていくことが有効です。それぞれについて解説します。

アプローチするのは骨格筋、間接的には平滑筋にも好影響

ヒトのからだには大小含めて約600もの筋肉があります。骨格筋、平滑筋、心筋に分けられますが、主にからだを動かすのが骨格筋です。内臓の壁などを構成するのが平滑筋、心臓を形作るのが心筋です。
手技で直接アプローチするのは骨格筋です。短縮している場合には伸びやすくし、循環不良で固まっている場合は血流を回復し弾力を取り戻します。
このような骨格筋への刺激ですが、自律神経系の働きを介し、平滑筋にも影響することがあります。例えば、心地よい圧でからだを押されていたら「お腹がグルグルと鳴った」などです。これは骨格筋の刺激で「腸の働きが活性化した」、つまり平滑筋に影響が及んだいうわかりやすい事例です。施術は骨格筋にアプローチしますが、間接的には内臓の働きを司る平滑筋にも好影響を与えることができるのです。

手技でアプローチする筋肉/富士見台カイロプラクティックセンター

筋肉にトラブルが起きると関節にも影響する

筋肉は関節をまたいで骨に付着します。関節を動かしたり安定性を与えることが筋肉の役目だからです。よって筋肉にトラブルが起きると、関節の機能(動き・安定性)にも影響します。
一つの関節は、複数の、いくつかの筋肉によって動かされコントロールされています。よって「動きやすい」からだを維持していくためには、関節その関節を動かす筋肉もいっしょに整えていくのが効果的です。

筋肉が原因の肩の痛み/富士見台カイロプラクティックセンター筋肉が原因の肩の痛み/富士見台カイロプラクティックセンター筋肉が原因の肩の痛み/富士見台カイロプラクティックセンター

 

筋肉へのアプローチにはトリガーポイントリガーポイント療法をメインに使います。
↓↓↓

トリガーポイントが腰痛・肩こり・首の痛み・背中の痛み・頭痛などの原因かもしれません!/富士見台カイロプラクティックセンター

ページのトップへ▲

関節の動きに合わせて手技をおこなう

2つの骨、あるいはそれ以上の骨同士が組み合わさって関節が構成されます。 関節の動く方向大きさ骨の構造特徴により決まっており、 関節が動く範囲(可動域)筋肉靱帯で大部分が制限されます。
関節の柔軟性は 性別、年齢、体質(骨格)、スポーツの種目などの条件が影響するため個人差があります。関節は硬すぎても、突発的な動きに対応できず怪我をしやすくなりますが、競技の種目によっては踏ん張りがきいて逆にプラスとなることもあります。捻挫の後遺症などで軟らかすぎると、不安定性から痛みが出やすくなり、周りの筋肉の負担が増加することもあります。
関節の動きを読み取りながら手技をおこなうことが必要です。

関節可動域は骨だけでなく筋肉・靱帯でも制限されます。その柔軟性は個人差があります/富士見台カイロプラクティックセンター

関節のチェックの仕方です。
腕や脚、骨盤の仙腸関節など、関節が左右にある場合は両者を比較します。背骨も椎間関節が左右にありますので、その左右差をみます。上下の比較もします。具体的には頸椎・胸椎・腰椎の中でどうか、さらに細かくは頸椎7個の中でどうか、胸椎12個の中では、腰椎5個の中では、と調べていきます。
筋肉も同様です。左右差などを比較し、できるだけ偏りを少なくすることを目指して調整していきます。

関節の動きは左右差・前後差・上下差などの「バランス」でみて偏りを少なく、左右対称に動けるよう調整します/富士見台カイロプラクティックセンター

 

ページのトップへ▲

関節の遊び(joint play)の調整もおこなう

関節の遊び(joint play)の調整もおこないます。あらゆる関節には遊びが存在するのです。 車やバイクのブレーキの「遊び」、ハンドルの「遊び」と同じ意味で、 「少しゆとりがある」という状態です。なぜ関節の遊び(joint play)を調整するのか? それは、 このゆとりがなくなると関節は本来の機能を発揮できなくなる からです。 カイロプラクティックはこの関節の遊びの回復得意としています。

関節の遊び(joint play)とは

関節の遊び(joint play)は、他動運動の領域でおきる動きです。自分の筋力を使って関節を動かすのを自動運動といいます。例えば、仰向けで膝を曲げながら太ももを引きつけていく(股関節の屈曲)と、あるところで抵抗がきて、それ以上は動かせなくなります。自動運動の可動域最終端です。
しかし、そのまま脱力し、両手で抱えて外から力を加えると、もう少し太ももを引き寄せることができます。この動きを、自分の力を使っていないため他動運動といいます。 他動運動もすぐに抵抗が強くなってやがて動きは止まります。この抵抗エンゲージと呼んでいます。他動運動の可動域最終端です。
そこからさらに押すとどうなるか? まだほんの少し動くのです。エンゲージより先のわずかな動きです。これが関節の遊び(joint play)です。

関節の遊びの説明例 股関節の屈曲-1/富士見台カイロプラクティックセンター
関節の遊びの説明例 股関節の屈曲-2/富士見台カイロプラクティックセンター
関節の遊びの説明例 股関節の屈曲-3/富士見台カイロプラクティックセンター
関節の遊びの説明例 股関節の屈曲-4/富士見台カイロプラクティックセンター


関節の遊び(joint play)は衝撃に対するクッションの役目をします。不意に関節が強く動かされるようなことがあっても、すぐに靭帯が損傷したり、関節が亜脱臼しないよう、組織を守る働きをしているのです。
関節の遊び(joint play)の程度は靱帯の弾力性に左右されます。靱帯を傷めている他動運動の領域からエンゲージまでに嫌な痛みが発生します。それ以上その局所を無理に動かしてはいけません。組織の回復を待つ必要があります。
関節の遊び(joint play)の検査をおこなうと、このように痛みの原因が筋肉・靭帯のどちらにあるのか推測できることがあります。

ページのトップへ▲

関節の遊び(joint play)が失われるとき

例えば、怪我によってギプス固定をすると、筋肉だけでなく、関節の周りの組織靱帯などの柔軟性も低下します。関節の遊び(joint play)も失われます。 五十肩も同様で、 肩の関節包と周りの組織が癒着することで関節可動域が低下、関節の遊び(joint play)も喪失します。
関節の遊び(joint play)はクッションの作用のほか、関節に力を効率よく伝えるためにも必要と考えられており、関節が正常に動くためには関節の遊び(joint play)を回復する必要があります。

関節の遊び(joint play)が失われると関節の可動性が低下する理由

たいていの関節面はきれいな平面ではありません。やや弯曲し、かつ不一致であることが多いため、関節が自由な運動をおこなうためには以下が必要となります。

  • 関節裂隙(関節面と関節面の間の隙間)がある程度存在すること
  • 関節の遊び(joint play)があること

実際に肩の可動が大きく制限される五十肩では、レントゲン撮影の画像をみると、肩関節(肩甲上腕関節)の関節裂隙の狭小化が確認できます。

関節の遊びが失われると痛みが出やすくなる理由

関節の遊び(joint play)が失われると痛みが出やすくなる理由は、関節のクッション作用が低下して外力に対し傷つきやすくなるからです。しかしながら関節の遊び(joint play)は大きすぎてもいけません。
大きすぎる原因としてよくある例は、怪我の後遺症により靭帯が伸びて治癒した例です。関節の動きの制御がしにくくなり、関節の不安定性のため痛みなどの症状が出やすくなります。場合によってはテーピングでの補助、装具の活用が必要になることもあります。
捻挫などで靱帯を伸ばしすぎてしまった時は、骨が折れていないからといって安易に考えず、しっかりと応急処置をおこなうことが必要。そして整形外科などのしかるべき医療機関で治療することが大切です。

ページのトップへ▲

動きのテストから問題がある「筋肉」を推測

以下は「動きのテスト」から問題がある「筋肉」を推測する例です。

動きの確認をおこないます。首を左に曲げた時(左側屈)に左首に痛みが発生しました。動かさなければ痛みはありません。

首を曲げたときに使った筋肉が収縮して痛み(動作痛)を発生させているようです。以前から慢性の肩こりはあったとのこと。トリガーポイント(硬結)が活性化しているのかもしれません。

「仕事で左肩によく鞄をかける」とのこと。鞄をかける時に使っている筋肉が酷使されている模様。 トリガーポイント活性化の原因となっている可能性が大です。

左肩に鞄をかけると骨の動きはこうなります。 「肩甲骨の挙上」という動きです。

「肩甲骨の挙上」をおこなう筋肉が施術のポイントになりそうです。まず僧帽筋

そして「肩甲挙筋」

「大・小菱形筋」 もです。

「肩甲骨を挙上」するこれらの筋肉のの緊張(トリガーポイント)を緩め活性化を抑えていくことが施術方針の一つとなります。 このケースでは筋肉ですが、個々のケースで重点をどこにおくかは変わってきます。

ページのトップへ▲