歩くことで調子がはかれる


歩行の基礎知識

「どうもスムーズに歩けない」「なんかおかしい・・・」
脚のどこかに痛みがあったり、関節や筋肉がこわばっていたり、からだのバランスが崩れていると、軽くさっそうと歩くことが難しくなりがちです。軽快に歩けるかどうかを感じることは、体調を推し量る簡単な方法の一つとなります。
以下は歩行の基礎知識です。押さえておくと、どの部分に問題があるのか、改善していけばよいのか、ヒントを得ることもできます。

歩行周期/富士見台カイロプラクティックセンター

脚が地面についてから、同じ脚が再び地面につくまでを歩行周期(ほこうしゅうき)といいます 。

「立脚相(りっきゃくそう)」/富士見台カイロプラクティックセンター

歩行周期は、足が床に接地している時期の「立脚相(りっきゃくそう)」と、

「遊脚相(ゆうきゃくそう)」/富士見台カイロプラクティックセンター

足が前方に向って振り出されている時の「遊脚相(ゆうきゃくそう)」に分けられます。

歩行周期の割合/富士見台カイロプラクティックセンター

1歩行周期の中で、「立脚相」が約60% 「遊脚相」 は40%を占めています。

歩行周期 多くの問題が「立脚相」で明らかに/富士見台カイロプラクティックセンター

重要性・・・「立脚相」は体重を支え大きな負荷がかかるため、多くの問題が「立脚相」で明らかになります。

「立脚相」の4つの動き/富士見台カイロプラクティックセンター

では「立脚相」の4つの動きをみてみましょう!

「踵接地期(しょうせっちき)」/富士見台カイロプラクティックセンター

①「踵接地期(しょうせっちき)」
足が接地する瞬間のこと。通常は踵から接地します(ヒールコンタクト)。踵から接地できない場合は何かしらのトラブルが推測されます。

「足底接地期(そくていせっちき)」/富士見台カイロプラクティックセンター

②「足底接地期(そくていせっちき)」
足底全体が地面に触れる瞬間。体重を支えた時に、踵からの衝撃を足・膝関節でも吸収しています。

足首は筋にコントロールされながら底屈/富士見台カイロプラクティックセンター

「足底接地期(そくていせっちき)」では、足底が床に滑らかに接地するよう、足首は筋にコントロールされながら底屈(つま先を伸ばす動き)していきます。
※前脛骨筋・長趾伸筋・長母趾伸筋の遠心性収縮により足は滑らかに接地する。

「立脚中期(りっきゃくちゅうき)」/富士見台カイロプラクティックセンター

③「立脚中期(りっきゃくちゅうき)」
足底が全面接地して均等に体重が負荷される瞬間。
※①②と違い③の立脚中期は片脚だけ接地して体重を支えている。

膝を安定させるために大腿四頭筋が収縮/富士見台カイロプラクティックセンター

立脚中期では通常、膝はまっすぐ伸びてはいません。膝を安定させるために大腿四頭筋が収縮しています。
※大腿四頭筋の筋力が弱いと「カクン」と膝が崩れそうになったり、膝が不安定になる。

「踏み切り期」(ふみきりき)」/富士見台カイロプラクティックセンター

④「踏み切り期」(ふみきりき)」
踵が上がり、足首、足を固定したまま体重移動をおこないます。
※踵が地面から離れ(ヒールオフ)→足の先が地面から離れ(トゥーオフ)ていく。

下腿後面の筋力が弱いと踏み切る動きができない/富士見台カイロプラクティックセンター

「踏み切り期」では、下腿後面の筋力が弱いと踏み切る動きができなくなり、足首を使わない歩き方になります。
※腓腹筋やヒラメ筋、長母指屈筋の筋力が弱かったり、指の関節が反らないと、足首を使わない歩き方になる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●お電話はこちら→ 03-3825-3870
●メールでの申し込みはこちら→ ご予約フォーム
●メールでのお問い合わせはこちら→ お問合せフォーム
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

ページのトップへ▲