カイロプラクティックの説明

カイロプラクティックとは
カイロプラクティックは1895年、米国で生まれた脊椎手技療法です。
創始者は1845年にカナダで生まれたダニエル・デビッド・パーマー(Daniel David Palmer)です。
カイロプラクティックはギリシャ語による造語で、「カイロ」=「手」、「プラクティック」=「技術」という意味があります。

カイロプラクティックの発展
カイロプラクティックは一民間療法(一般の人が民間に伝承されてきた方法で行う病気の治療法)として誕生。
約100年の発展の過程で変化を遂げ、現在では医療の専門職として、一部の国(米国、英国、オーストラリア他)では法制化がなされています。

オステオパシー
米国で同時代に誕生し、医療の専門職として認められるようになった民間療法がもう一つあります。オステオパシーです。
1874年に医師であるアンドリュー・テイラー・スティルが創始しました。
「オステオ」は「骨」、「パシー」は「治療」という意味で、こちらもギリシア語が語源です。 
背骨の調整、筋骨格系を対象とする手法という点で似ているカイロプラクティックとオステオパシーですが、D. Dパーマーは神経系を重視したのに対し、当時のスティルは血液循環に、より注目したようです。

ダニエル・デビッド・パーマー
D. Dパーマーはスティルと違い、正式な医学教育は受けてはいません。
しかし、並外れた勉強家だったことが知られています。多くの書物を読んで当時の哲学や科学を独学で身につけていました。晩年には移動図書館も所持していたほど。
カイロプラクティックは西洋で生まれながらも、東洋医学の考え方と似ている部分が見受けられます。世界のあらゆる療法を研究していたことがこのことからも推測できます。

米国で磁気治療師として開業
D. Dパーマーは1865年、20歳の時に米国のアイオワ州に移住。国内の情勢が不安定な南北戦争の頃です(南北戦争というと映画 『風と共に去りぬ』が思い出されます)。
食料品の行商や、蜂蜜の製造、農園の経営、教会、いわゆる日曜学校の先生など様々な仕事を経験した後、1886年の40歳の時には、ダベンポートで磁気治療師として開業。院は繁盛し、中東部全域から患者さんが集まったといわれています。
建国(1776年)後の歴史の浅い当時の国内は医師が不足し、多くの民間療法家が活躍していましたが、D. Dパーマーもその一人だったのです。

カイロプラクティック誕生伝説
1895年、D. Dパーマー50歳の時にカイロプラクティック誕生のきっかけとなる出来事がおきます。
患者さんはパーマー家の使用人、ハーベイ・リラードさん。
リラードさんは重荷をかつごうとした時に突然、背部に異常な音を感じ、それ以来、徐々に聴力が低下してついには難聴になってしまった、とのこと。
D. Dパーマーは背骨の突起をテコにしておこなう独特な矯正法「アジャストメント」を考え出していましたが、その技法をリラードさんの背骨(第4胸椎)におこなったのです。背骨の一部に異常な隆起が認められたからです。
結果、リラードさんの聴力は回復したとされています。
(※あくまでも伝えられている話であり、難聴が必ず背骨の矯正で治るというものではありません)

カイロプラクティック誕生伝説
D. Dパーマーはこの出来事をきっかけに、脊椎手技療法をカイロプラクティックと命名。
他の様々な問題を抱えた人々にも同じ方法で治療をおこなっていきます。
そして、「サブラクセーション」という椎骨の「変位」が神経根を圧迫し、神経の伝達を妨げる。これが病気の原因であるという概念を確立します(※初期のカイロプラクティックの概念です)。
2年後にはカイロプラクティックスクール(Chiropractic School and Cure)も創設。カイロプラクティックの技術と理論をを学校教育によって伝えていくことになります。

サブラクセーションとは?
カイロプラクティックでは「サブラクセーション」という言葉が使われます。
サブラクセーション(Subluxation)とは、

ある椎骨が、その上下の椎骨との関係において異常な位置にあること

です。
つまり「背骨がズレている状態」のことなのですが、当センターではこの表現は使いません。大げさな印象を与えるからです。

カイロプラクティックが扱うサブラクセーションは、「背骨のずれ」といってもごくごくわずかものです。
関節が本来もっている、動きの範囲内での機能異常だからです。

よって病院では異常とはみなされません。
しかし、この「サブラクセーション」を回復すると、関節は動きやすくなり、周りの筋緊張も緩和され、調子はよくなることが多いのです。

亜脱臼も注意
サブラクセーションを直訳すると亜脱臼となります。
しかし、亜脱臼という言葉は通常カイロプラクティックでは使いません。
整形外科で部分的に関節両面の一部が接触している状態のことを亜脱臼というからです。
これは脱臼寸前の状態です。

カイロプラクティックのサブラクセーションはこの医学の定義に当てはまらないのです。
もっと軽度なものであり、病院では問題とはされないものだからです。

「背骨のずれ」や「亜脱臼」という言葉は、医師と間で認識の差が大きいため使う時は注意が必要です。

背骨は結構丈夫に出来ている
背骨は、事故や転落などよほどの大きな外力がはたらかない限り、大きくズレることはありません。
椎間板や関節、多くの靭帯によって連結されているため、とても丈夫に出来ているのです。
もし背骨が大きくズレたのであれば、それはすぐに処置をおこわなければならない危険な状態です。

よって、カイロプラクティックが扱う関節の機能異常を表現するときは
「亜脱臼」や「背骨のずれ」ではなく、「関節の歪み」と表現した方がよりよいと考えています。

サブラクセーションの定義
サブラクセーションというは呼称は、カイロ業界の中でもそのカイロプラクターの考え方により、様々な呼び名でよばれています。
関節機能不全・リストリクション・サブラクセーション複合体・サブラクセーション症候群など。
ACA(American Chiropractic Assosiation)が1972年から使用している定義ではこのように書かれています。

「サブラクセーションとは、隣接関節構造の正常な動力学的、解剖学的、そして生理学的関係の変調である」

抽象的な、幅の広い表現になっています。

リスティング
カイロプラクティックでは、サブラクセーションの種類、どのように背骨がズレているのかを分類する方法が考え出されました。
リスティング(Listing)といいます。
回旋型、上・下方移動型など様々なものが想定され作られています
リスティングには流派があり、背骨の棘突起の動きを基準にみていくものや椎体全体の動きを基準とするものなどがあります。


ページのトップへ▲