アレルギー検査 2016-12-04

今日の朝刊、朝日新聞グローブに「ジョコビッチの涙」という見出しが載っていて、施術中は患者さんとアレルギーの話になりました。
ジョコビッチ選手がグルテンフリーの食事で体調を管理していることを以前教えてもらい知っていたからです。

その患者さんはお医者さんに勧められてアレルギーの検査をしたところ、乳製品に高い反応が出たそうです。思いきってチーズ、アイスほか乳製品が入っているものを一切とらないようにしたら、アレルギー性鼻炎が出なくなり、長年使っていた薬がいらなくなったとのこと。「これは自分にとっては大きい」と喜んでおられました。

実は私の場合も検査はしていないのですが、体に合わない食べ物があります。

普通においしく食べられるのですが、何回試しても翌日炎症反応がでます。

度々痛い目にあって、やっぱり合わないんだと納得するようになりました。

皆それぞれ体質が違いますので、一概にこれがよい、悪いということは言えません。

自分のからだの反応を客観的にみることが必要ですが、好きな食べ物の場合は

「事実を認めたくない自分」というものもいると思いますので、はっきりさせるためにも最新のアレルギー検査を利用するのもひとつの手だなと思いました。

次へ進む

2016年12月04日